【ICO】「REGAIN」フェーズ3、早くも約80%が終了!フェーズ3は配当が低い?【リゲイン】

現在「REGAIN(リゲイン)」のトークンセールが行われています。

行われているのは第3段階、フェーズ3なのですが、すでに約80%が販売終了しており、残り約20%となっています。

これはフェーズ1、フェーズ2と同様、期日を待たず完売するパターンですね。本当にすごい勢いです。

「REGAIN」とは

「すまん、REGAINって何?」という方のために簡単に説明すると、ビットコイン市場の健全化を目指すプロジェクトで、販売されている「REGトークン」には配当があります。

配当利回りの見込みは6.5~12.5%と、完全に化け物です。

「本当に配当が行われるの?」と不安になりますが、フェーズ1で販売されたトークン所持者にはすでに配当が行われており、Twitterが嬉しい悲鳴で盛り上がりました。

これで一気に火が点きましたね!

上場前の段階でも配当が貰えることも人気の理由のひとつでしょう。

「REGAIN」の詳細は以下の記事で解説しています。

関連記事

REGAIN(リゲイン)の配当や将来性など内容まとめ

トークンセール フェーズ3詳細

期間 2018年7月1日17時~2018年8月15日17時
価格 1REG=5,200USドル
報酬見込 1REG=0.034BTC/月
発行トークン 15,000REG
マイニングマシン稼働開始 2018年10月1日~
配当開始 2018年11月15日~

トークンセールはフェーズ1、フェーズ2共に完売。そして現在おこなわれているフェーズ3も、すでに約80%が販売終了しており、残り20%と完全に完売ペースです。

買うつもりだけど、まだ買ってないという方はお急ぎください。

フェーズ3は配当が低い?

「フェーズ3のREGトークンって配当が低いんじゃないの?」

そう、ホワイトペーパー上では今年の10月から行われるフェーズ4のREGトークンのほうが配当が高いんですよね。

だったら今回、フェーズ3では買わずに、フェーズ4で買ったほうが得なんじゃないか…という話が出ています。

これはフェーズ1~3の調達資金はマイニングマシン「ASIC-HARDMiner4.1」の増設に、フェーズ4の調達資金は、よりハイスペックな「ASIC-HARDMiner5.1」の増設にあてられるためです。

「REGAIN」の配当はマイニング利益から出ています。マイニングマシンのスペックが違うから、配当にも差が出ているというわけですね。

が!ご安心ください。

フェーズ4と同配当になる予定

フェーズ3の「REGトークン」は、将来的にフェーズ4の「REGトークン」と同じ配当になる予定です。

ので、「ホワイトペーパー上で配当が低いフェーズ3では買わないほうがいいのでは…?」というのはナンセンスです。

ちなみに、フェーズ1~3のREGトークンは「REGΔトークン(デルタ)」という名称で…

フェーズ4のREGトークンは「REGΣトークン(シグマ)」という名称で上場します。

また、フェーズ1~3の「REGトークン」保持者には、フェーズ4の優先購入権が与えられます。

フェーズ4の優先購入権

第1優先期間 2018年10月1日~2018年10月15日
第2優先期間 2018年10月15日~2018年10月22日
第3優先期間 2018年10月22日~2018年11月1日
一般販売期間 2018年11月1日~2018年11月15日

フェーズ1~3の「REGトークン」保持者には、フェーズ4の優先購入権が与えられます。

フェーズ1の「REGトークン」保持者は第1優先期間に、フェーズ2の「REGトークン」保持者は第2優先期間に、フェーズ3の「REGトークン」保持者は第3優先期間に購入することができます。

優先期間に完売した場合、一般販売は行われないことを考えると、フェーズ4で購入するなら、せめて第3優先購入権は持っておきたいですね。

フェーズ1、フェーズ2共に完売、フェーズ3も完売ペースだということを考えると、本当にありそうです。

ここ最近では、いちばん盛り上がっているICOではないでしょうか。

詳細やトークンの購入方法は以下の記事をどうぞ。

関連記事

REGAIN(リゲイン)の配当や将来性など内容まとめ

「REGAIN」の公式サイト、トークンの購入は以下のボタンからどうぞ。