仮想通貨の「ウォレット」とは?「マイイーサウォレット」の作り方、開設・作成方法

仮想通貨投資、特にICO投資を行うにあたって必携の「ウォレット」。その中でも定番中の定番であるイーサリアム用のデスクトップウォレット、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作り方を解説します。

仮想通貨の「ウォレット」とは

仮想通貨投資、特にICO投資を行うには自分の「ウォレット」が必要になります。「財布」という意味ですね。

仮想通貨は取引所で購入することができますが、購入した仮想通貨は取引所に預けたままにするわけではありません。仮想通貨のブロックチェーン技術が攻撃されて崩れたことはありませんが、取引所が攻撃されて仮想通貨が流出したことがあります。

日本円などの法定通貨は手元に置いておくよりも銀行に預けていたほうが安全ですが、仮想通貨は手元に置いておいたほうが安心なのです。

しかし、実際に手で触ることができない仮想通貨をどうやって手元に置くのか。そこで使うのが「ウォレット」です。

「公開鍵」と「秘密鍵」

ウォレットをつくると「公開鍵」と「秘密鍵」がついてきます。

「公開鍵」とは銀行の口座番号のようなものです。「アドレス」と呼ばれることもあります。これは他人に教えても大丈夫。日本円の送金を依頼するとき、自分の銀行口座の情報を教えるのと同じです。

反対に「秘密鍵」は誰にも教えてはいけないもので、所有者であることを証明する唯一のものです。銀行口座で例えると暗証番号が一番近いかな。秘密鍵の入力を求められたときは、本当に秘密鍵が必要な操作なのか、ちょっと考えてみるくらいで丁度いいです。

「ウォレット」の種類

ウェブウォレット

取引所で購入した仮想通貨は、一旦そのまま取引所に預けられることになります。これは厳密には「取引所のウォレットに預けられている」ことになります。

取引所などの業者のサーバーのウォレットを「ウェブウォレット」といいます。

公開鍵と秘密鍵も業者のサーバーに保管されており、所有者はインターネットでアクセスして送金などを行います。常にネットに繋がっているためハッキングのリスクがあり、長期の保管には向いていません。

デスクトップウォレット

パソコンにインストールしたアプリを使って入出金を行うタイプを「デスクトップウォレット」といいます。公開鍵と秘密鍵はパソコンに保管し、自分で管理します。これから作り方を解説する「マイイーサウォレット」は、このデスクトップウォレットにあたります。

考えられるリスクは、ハッキングやウイルス感染などで公開鍵と秘密鍵が盗まれてしまうことですね。

ペーパーウォレット

公開鍵と秘密鍵を印刷した紙のことです。「もうウォレット(財布)って呼べなくね?」って感じですがw

失くさない限り安心ですが、送金などはデスクトップウォレットやハードウェアウォレット(後述)を使う必要があります。

ハードウェアウォレット

ネットに繋がっていない専用の機械で、公開鍵と秘密鍵を保管することができます。入出金のときにネットに接続する以外はオフラインで管理するので、ハッキング被害に遭うリスクを減らすことができます。

お値段はそこそこしますが、その分、安心感のある保管方法です。Ledger社の「Ledger Nano S」が定番です。

「マイイーサウォレット」とは

「マイイーサウォレット」はイーサリアム用のデスクトップウォレットです。

ICO投資を行うなら「マイイーサウォレット」は必携です。というのも、ICO投資とは「上場前の新しい仮想通貨(トークン)を、既存の仮想通貨で買う投資手法」だと説明しました。上場前、つまり取引所で取り扱われる前の仮想通貨なので「上場前の仮想通貨を保管できるウォレット」がないと、購入したトークンを保管できないのです。

なぜ「マイイーサウォレット」はICOのトークンを保管できるのか。「マイイーサウォレット」はイーサリアムのブロックチェーンを基盤に作られた仮想通貨であれば保管することができます。ICOのトークンは、ほとんどがイーサリアムのブロックチェーンを基盤に作られているのです。

トークンを購入には、購入に使う既存の仮想通貨を送金することになります。このとき、購入したトークンを受け取れるように「マイイーサウォレット」から送金します。取引所のウォレットから送金すると、購入したトークンを受け取れないというトラブルに発展してしまう可能性があります。

ちなみに「マイイーサウォレット」は無料で作ることができます。

「マイイーサウォレット」の作り方

パスワードを決める

まずは公式サイトにアクセスし、9文字以上のパスワードを決めて入力し「お財布の作成」ボタンを押します。

このパスワードは変更したり、リセット(再発行)したりすることができません。忘れても確認できるように複数の場所に控えておきましょう。また、ここで決めるパスワードは後ほど登場する「秘密鍵」とは別物です。混同しないように注意しましょう。

「Keystore ファイル」をダウンロード

「ダウンロード Keystoreファイル」ボタンを押して「Keystoreファイル」をダウンロードします。「Keystoreファイル」は自分のウォレットの情報を確認したり、送金したりするときに使うファイルです。

ボタンの下には英語で「失くさない」「共有しない」「バックアップを取っておく」などの注意事項が書いてあります。

わかりやすい場所にダウンロードして保存したら「わかりました。続けます。」のボタンを押しましょう。

「秘密鍵」を控える

「秘密鍵」が表示されます。先ほどダウンロードした「Keystoreファイル」と同じく、自分のウォレットの情報を確認したり、送金したりするときに使う、とても大切なものです。

失くさないように印刷しておくのがおすすめです。印刷できる環境であれば「お財布紙情報を印刷」を選択することで印刷することができます。印刷できない環境であれば、しっかりと控えておきましょう。

秘密鍵を控えて「アドレスを保存してください。」を押したら「マイイーサウォレット」の作成は完了です。お疲れ様でした。

「マイイーサウォレット」の使い方

画面上部のメニューから「お財布情報の確認」などを選択すると、画像のような画面が表示されます。これが、いわゆるログイン画面で、ログイン方法を選択する画面だと思ってください。

基本的に「Keystore / JSON File」か「秘密鍵」を使えばOKです。

「キーストア/JSONファイル」は先ほどダウンロードした「Keystoreファイル」を選択してログインする方法、「秘密鍵」は先ほど控えた「秘密鍵」を入力してログインする方法です。

送金方法などは順を追って解説します。

STEP.1

「ICO」とは?

STEP.3

仮想通貨を買ってみよう