「仮想通貨」「ICO」とは?サルでもわかるように違いを解説してみた

この記事では「仮想通貨」と「ICO」についてわかりやすく解説しています。

「仮想通貨」とは

「仮想通貨」とはデータ上のお金です。データ上にしか存在しないので、実際に手で触ったりすることはできません。電子マネーをイメージするとわかりやすいと思います。

ただ、一般的な電子マネーとは違うところがあり、その違いが仮想通貨に価値を生み出しています。

仮想通貨には中央管理者がいない

日本円は国や銀行が、電子マネーは電子マネーの発行元が管理しています。が、仮想通貨には中央管理者がいません。

中央管理者がいないので「仲介手数料がかからない」というメリットがあります。また、中央管理者不在のネットワーク上で決済を行うため、24時間365日決済可能です。「送金が早い」というメリットもあります。

「中央管理者不在の通貨なんてあり得るのか」と思ったかもしれませんが、仮想通貨のシステムが崩れたり、攻撃で盗まれたりしたことは今まで一度もありません(仮想通貨を取り扱う取引所が攻撃を受けたことはあります)。

中央管理者なしで通貨として成立している要因が「ブロックチェーン」という技術です。

「ブロックチェーン」とは

ブロックチェーンはめちゃくちゃ複雑なので、すべてを理解するのは難しいです。私もブロックチェーンのすべてを説明することはできません。車が走る仕組みを完全に理解していなくても、運転の方法をしっかりと覚えておけば運転できるのと同じだと思ってください。

まず、仮想通貨=ブロックチェーンです。ブロックチェーンは「分散型取引台帳」と訳される技術で、簡単にいえば「取引の記録が記されたデータ」です。仮想通貨の正体は「取引の記録が記されたデータ」なんですね。

取引の記録は「ブロック」という、ひとつのデータのかたまりになります。新しいブロックは鎖(チェーン)で繋いでいきます。もちろん実在の鎖で繋ぐわけではなく、データ上の話です。

「ブロックチェーン」は改ざんできない

ブロックチェーンのすごいところは、不正な改ざんができないところです。

鎖で繋がれる新しいブロックには、直前のブロックのデータの一部が組み込まれます。これが前提。

では、例えば「A」というブロックを改ざんしたとします。すると「A」のデータの一部を組み込んだ直後のブロック「B」に矛盾が生じます。ブロックチェーンでは矛盾が生じたデータは無視されます。

矛盾が生じてしまった「B」も改ざんしたとします。すると今度は「B」のデータの一部を組み込んだ直後のブロック「C」に矛盾が生じ、改ざんが無視されます。

さらに「B」の改ざんと同時に、「C」に新しいブロック「D」が繋がれます。ブロックチェーンは「改ざんにかかる時間」と「ブロックの追加にかかる時間」が同じになる仕組みだからです。

というわけで、改ざんは永遠に成功しません。これがブロックチェーンの不正な改ざんを防ぐ仕組みであり、仮想通貨の価値を生み出している要因でもあります。

では、管理者がいないはずの仮想通貨ですが、誰が取引の記録を記帳し、新しいブロックチェーンを追加しているのでしょうか。

「マイナー」と「マイニング」

取引の記録を記帳し、新しいブロックチェーンを追加しているのは「マイナー」と呼ばれるひとたちです。

取引の記録は暗号化して公開されます。マイナーは公開された暗号を解き、最初に暗号を解いたマイナーが取引の記録を記帳、新しいブロックを作成することができます。この作業を「マイニング」といいます。「採掘」という意味ですね。

最初に暗号を解いたマイナーには報酬が支払われます。その報酬は、暗号化されていた取引の手数料(送金手数料など)と、新しく発行される仮想通貨です。ビットコインの場合、報酬の新規ビットコインは12.5BTCです。1BTC=90万円で換算しても1千万円以上になるので、競って暗号の解読が行われます。

マイナーは中央管理者ではありません。誰でもなれます。が、マイニングは不規則な数字当てゲームなので、高性能のコンピュータと、グループを組んで行うくらいの規模がないと現実的ではありません。

「仮想通貨」の種類

仮想通貨は1,000種類以上あるといわれています。すべてを把握するのは不可能ですが、価値のない仮想通貨もたくさんあるので、すべてを把握する必要はありません。

最初に覚えておくべき仮想通貨は、次の2種類です。

ビットコイン(BTC)

2009年に運用が開始された仮想通貨の原点で、仮想通貨の王様のような存在です。通貨単位は「BTC」。ビットコイン以外の仮想通貨は「アルトコイン」を呼ばれます。

イーサリアム(ETH)

ビットコインに次ぐ流通量の仮想通貨です。通貨単位はETH(イーサ)。ICO(後述)に使うことが多いので、お世話になることが多いです。

「仮想通貨」のまとめ

ブロックチェーンやマイニングの仕組みは「へ~、そうなんだ。ふ~ん」くらいでOKです。実際に送金するときにやることといえば、相手のアドレスを入力するかQRコードを読み取って、送金額と手数料を入力するだけです。

「仮想通貨の正体はブロックチェーンという不正ができない技術が使われているデータで、そこに価値を見出されている」ということを覚えておけば十分でしょう。

「ICO」とは

では、続いて「ICO」について解説します。

ICOとは「Initial Coin Offerring」の略で「新規仮想通貨投資」と訳されます。すごーく簡単にいえば、上場前(仮想通貨の取引所で取り扱われる前)の新しい仮想通貨を、既存の仮想通貨で買う投資手法です。IPO(新規株式公開)とよく似ています。

企業がプロジェクトを企画し、資金調達のために「トークン」と呼ばれる新しい仮想通貨を作り、「プレセール」といわれる販売を行います。販売されるトークンは上場していない状態です。上場後、トークンの価格が上がったら売るという手法です。

トークンの購入には円やドルなどの法定通貨は使われず、ビットコインやイーサリアムなどの既存の仮想通貨が使われます。ので、金融商品取引法のような法律に縛られることなく、企業は自由なかたちで資金調達ができます。投資家にとっても、有望なプロジェクトを見つけるチャンスが広がります。

「ICO」に参加する流れ

  1. 仮想通貨取引所でビットコインやイーサリアムなどの既存の仮想通貨を買う
  2. 企業のICOのサイトでトークン(新しい仮想通貨)を買う
  3. トークンが取引所に上場したら売却する

優良な仮想通貨取引所や有望なICOは、このサイトで紹介しているので参考になれば。

「ICO」の成功例

イーサリアム

「イーサリアム」はビットコインの次に流通量の多い仮想通貨です。

2014年7月に販売が開始され、当時の価格や約32円でした。2015年8月に取引所へ上場してから353円になり、2018年1月には15万円を超えました。わずか1年あまりで11倍、2年半で4,500倍以上になっています。

最初に1万円投資していれば、2年半で4,500万円になっていたわけです。

QASH(キャッシュ)

QASH(キャッシュ)は2017年11月上旬にプレセールが行われ、12月1日に「QUOINEX」という仮想通貨取引所に上場しました。2018年1月時点、2ヶ月で約8倍になっています。

「ICO」のまとめ

ICOは「企業がプロジェクトの資金調達のために発行する新しい仮想通貨を、既存の仮想通貨を使って買う投資手法」だと覚えておけばOKです。

株式投資で倍になる銘柄に行き着くのは至難ですが、ICOでは日常的に起こっています。今、半年や1年で数倍になるような投資が他にどれほどあるでしょうか。

ただ、このような状況は、いつまでも続くわけではないと思います。

ICOの案件数や調達額が増えると、一件一件に注がれる資金が少なくなり、価格が上がりにくくなります。また、ICOの参加者が増えると、上場後に仮想通貨を買うひとが少なくなるので、これもまた価格が上がりにくくなる要因になります。

ICOは今がチャンスです。2018年がピークだと思います。

法規制やプラットフォームの整備が進み、詐欺案件などが淘汰されやすくなれば、ICOの参加者が増え、先行者利益が少なくなります。

「やるなら今すぐ」「やらないなら今後もずっとやらない」どちらかを徹底するべきでしょう。

「仮想通貨」「ICO」の違い

ここまで読んだ方なら「仮想通貨」と「ICO」は比べるものではないと理解しているのではないでしょうか。

おさらいしましょうか。

仮想通貨とは「ブロックチェーンという不正ができない技術が使われているデータ」のこと。

ICOとは「企業がプロジェクトの資金調達のために発行する新しい仮想通貨を、既存の仮想通貨を使って買う投資手法」のことです。

さて、ICOに使う既存の仮想通貨はイーサリアムが多いです。次の記事ではイーサリアムを保存する財布「ウォレット」について解説します。

STEP.2

「ウォレット」を作ろう